ここからメニュー

ここから本文

HOME > 農地法4条 農地法5条

農地法4条 農地法5条

農業委員会 : 2014/04/01


農地法4条


 自分の農地を自分で宅地、店舗等の農地以外のものにする場合は、農地法第4条に基づく転用許可が必要です。農地転用の場合はいろいろな基準がありますが、計画実現の確実性、緊急性、周辺農地や施設への被害がない事が最も重要です。その他に主なものとして、一般住宅は原則として500平方メートル以内で、かつ必要とされる最小面積です。(農家住宅は1000平方メートル以内で、かつ必要とされる最小面積です。)

農地法5条


他人の農地の権利を取得して(所有権移転)、または、他人の農地を借りて(賃借権の設定)、農地を農地以外のものにする場合には、農地法第5条に基づく転用許可が必要です。基本的な基準は農地法第4条の場合と同じですが、いわゆる土地ころがしを規制するような基準が追加されます。面積基準は農地法4条と同じです。

指定区域のご確認を(農用地区域とは)


安芸市では農振法に基づく『農用地区域』が定められています。農振法の正式名称は『農業振興地域の整備に関する法律』です。これは将来にわたって農業施策を集中的に実施することを目的とする法律で、おおむね10年以上農業上に利用するための土地を『農用地区域』として指定しています。この『農用地区域』に指定された農地は基本的に他の用途(宅地や資材置き場など)への転用は許可されません。宅地など他の用途に転用するためには、まず農用地の指定の除外申請し、許可を得た上で、農地法4条または5条申請をすることになります。

添付書類


□農地法4条(5条)許可申請書…農業委員会にあります

(1)共通書類

番号 書類の種類 記載事項等
1 登記事項証明書 3ヶ月以内のもの
2 位置図 市域でその位置を表示
3 付近見取図 住宅地図でその位置を表示(又は同程度で付近の状況がわかるもの)
4 公写図(切図)税務課 公写図に申請地の表示及び申請地周辺の地目・地積・所有者名を記入。申請地内と申請地に隣接する道路・水路の幅員を記入。赤線・青線・河川地を彩色。
5 事業計画書 転用計画、転用が必要になった理由。工事計画。施設の概要
6 土地利用計画 申請地内の建物の配置、進入路部分、利用計画を明示した図 平面図・立面図(建物、工作物、その他の配置及び幅を表示)、隣接する道路・水路の幅員を表示

(2)個別書類

7 住民票抄本 譲渡人(貸人)の住所が移転等により土地登記簿の表示と違う場合。相続関係図(住民票の写又は戸籍の附表)
8 被害防除を判断できる書面(隣地同意書) 隣地農地所有者の同意書又は被害防除計画書、図面を添付。
9 建物平面図 建築物、工作物を建築する場合(建築面積、建物の幅員を記入)
10 土地造成計画図(横断図) 転用に伴い土砂の流出、堆積、崩壊等の恐れがある土地造成を計画している場合。取水・排水計画図
11 法人関係書類 法人登記簿謄本(3ヶ月以内のもの)
定款又は寄付行為の写し
12 市町村等関係書類 市町村、事務組合、公社、公団等は議決書及び予算書の写
13 小作地関係 小作人が小作地を申請する場合には所有者の同意
14 資金証明書 総費用が個人:5千万円以上(法人:1億円以上)の場合は、自己資金は預金の残高証明書、金融機関からの借入金の場合は融資証明書等
15 許認可写・受理証明書 転用に係る事業が他の法令に定めるところにより許可・認可・届出・確認等を要する場合(例:墓地、建築確認、道路法面、水路占用等)
16 用途廃止申請書 転用計画地内に道路・水路等がある場合(申請書に受付印を押印したもの)
17 土地改良区意見書 転用計画地内に道路・水路等がある場合
18 取排水同意書 取水・排水について水利権者、漁業権者の同意を要する場合
19 賃貸借契約書写 転用者が転用許可後に親子間、会社と会社の代表者との間で一括転貸する場合。
20 復元計画書、賃貸借契約書写等 一時転用の場合、貸借契約書写には現状回復に係る時期、方法、施行者、費用の負担等を明示。
21 一時転用賃貸借契約書写 転用に係る事業が一時的な賃貸借を設定する場合
22 その他の参考資料 その他参考となる資料。(例:私道を利用する場合は、通行承諾書)



ご注意


将来は家を建てたいので、前もって農地を転用しておきたいと言うような相談を受ける事がありますが、これは今すぐ利用計画があるわけではありませんので、緊急性がないということで申請を受け付ける事ができません。この場合は家を建てる具体的な計画が立ったときに申請するようにお願い致します。また、農地を転用する場合には、農地法の許可のみではなく、他法令の許認可が必要な場合があります。これらの許認可が必要な転用は事前に他法令の許認可を受けるなど、打ち合わせを行い、許認可の見込みがある計画を立てる事が必要です。
担当課へのご質問・ご意見

個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | RSS配信について | 組織別電話番号一覧 | 業務一覧
安芸市役所(法人番号:6000020392031)  〒784-8501 高知県安芸市矢ノ丸1-4-40 Tel.0887-34-1111(代) Fax.0887-35-4445