HOME > 安芸市地域情報通信基盤整備事業

安芸市地域情報通信基盤整備事業

企画調整課 : 2016/08/29

地域情報通信基盤整備推進交付金交付要綱第8条の規定により、下記の事業について公表する。


事業の概要

事業名 安芸市地域情報通信基盤整備事業
事業完了日 平成23年3月17日
総事業費 44,220千円
交付金額 14,740千円
整備対象地域 市全域
事業の内容

本市では、当時のADSLサービス提供エリア以遠の地域においては、NTT安芸局との距離が離れることによって、通信速度が極端に低下すること、また、特に中山間地域および光収容エリアにおいてはADSLサービス提供エリア外となっていることなど、実際に高速通信の恩恵を受けられないエリアも多く、情報通信基盤における地域格差が顕著に現れてきており、ブロードバンド・ゼロ地域の解消を図る必要があった。

このため、域内の情報格差是正を目的として、現在のADSL提供エリア以遠の地域においても、ADSL同等の通信サービスが提供可能となるよう、ReachDSL・無線LAN(川北乙地区、下山地区)・直接受信型衛星通信(尾川地区、畑山地区、東川地区)の一体的な整備を行い、安芸市全域でのブロードバンド環境を整備した。


サービスの提供状況

サービス開始日 平成23年1月15日
サービス形態 公設民営(IRU)
契約先

関西ブロードバンド株式会社

IPSTAR Company Limited

 

(1)整備計画時の目標 

  初年度 最終
整備地域の世帯数

(1)ReachDSL:3241

(2)無線LAN:413

(3)受信型衛星BB:331

(1)ReachDSL:3114

(2)無線LAN:460

(3)受信型衛星BB:271

加入世帯数

(1):100

(2):30

(3):33

(1):400

(2):51

(3):33

加入率(%)

(1):3.3%

(2):8.5%

(3):9.9%

(1):13.2%

(2):14.4%

(3):9.9%

 

(2)実績

  H23年度末 H27年度末
整備地域の世帯数

(1):3205

(2):449

(3):293

(1):3114

(2):460

(3):271

加入世帯数

(1):21

(2)46

(3):21

(1):6

(2):26

(3):15

加入率(%)

(1):0.6%

(2):10.2%

(3):7.1%

(1):0.1%

(2):5.6%

(3):5.5%

 


評価及び課題

【評価】

市全域でBB環境が整備されたことで、市民の生活利便性の向上につながった。利用促進活動が積極的に行われたことで、市民のインターネットの普及啓発が図られたが、大手通信事業者による光回線の提供エリアの拡大、携帯電話の高速通信化、スマートフォンの普及、人口減少等により、本事業の当初の目標利用者数を達成できていない状況である。

しかし、上記の取り組みにより市民のインターネット利用ニーズが堀り起こされ、民間の通信事業者の参入が図られたことで、結果として、市民の生活利便性の向上に寄与したと考えられる。

【課題】

ReachDSLについては、通信速度が最大2Mbpsであり、整備当時のニーズには応えることができたものの、近年のコンテンツの大容量化に対応することが難しく、利用ニーズに応えられない状況がある。

無線LANについては、最大50Mbpsと、通信容量では利用ニーズに応えられるものであるものの、大手通信事業者が光回線の提供エリアを拡大しており、利用者数の拡大が難しい状況にある。

受信型BBは、整備当時は地域唯一のBB環境であったが、人口減少や携帯回線の高速通信化やスマートフォンでのインターネット利用、利用料値上げにより、利用者は減少傾向が続いている。




PAGE TOP