HOME > 【7月5日更新】高収益作物次期作支援交付金(第4次公募)

【7月5日更新】高収益作物次期作支援交付金(第4次公募)

農林課 : 2021/05/28

※対象品目及び平年の定義、申請受付期間を更新しました。(7月5日更新)

令和3年1〜3月の緊急事態宣言発令の影響により、市場取扱金額が平年よりも減少した月のある品目における支援対象期間中の売上げが減少した農業者を対象に、次期作に向けた前向きな取組を支援します。
※詳細については、農林水産省のホームページ(下記)をご覧ください。

事業概要

新型コロナウィルス感染症のまん延防止のための緊急事態宣言に伴う飲食店等の営業自粛等の影響により、卸売市場での売上げが令和3年1〜3月の間で基準年(前々年又は平年)よりも減少した支援対象品目(切り花・ユズ等)を出荷している農業者を対象に、次期作への前向きな取組を支援する高収益作物次期作支援交付金(第4次公募)の申請受付を行います。令和2年度の公募で交付金を受け取った方も対象です。

支援対象品目及び交付単価

※25・80万円/10aの条件として、加温装置(空調装置)又は灌水装置がある施設で栽培しているものに限ります。

■基本単価:5.5万円/10a
 香酸かんきつ類(ユズ、かぼす、すだち、レモン等)、切り花、つまもの類(芽ねぎ、ハーブ類、オオバ、ワサビ等)、メロン、はっさく、なばな、アスパラガス、ぶなしめじ

■施設栽培の切り花等:80万円/10a
 切り花、オオバ、ワサビ、メロン

■施設栽培の果樹等:25万円/10a
 ユズ

【交付額】
 ○交付対象面積 × 交付単価
 ※ただし、令和3年1〜3月と基準年の1〜3月を比較して売上げが減少した品目の減少額の合計の8割の範囲内で交付します。
 
 ○交付対象面積
 令和3年1〜3月に出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかったほ場面積のうち、次期作に向けて前向きな取組を行った面積。ただし、周年出荷される品目の場合は、1〜3月の出荷数量に見合う面積分までとします。

支援対象者

(1)〜(3)を満たす方で、次期作に向けた前向きな取組を実施する方が対象です。

(1)令和3年1〜3月の間に支援対象品目を出荷している又は廃棄等により出荷できなかった事実がある方。
(2)令和3年1〜3月の間の支援対象品目の売上げが、基準年(前々年又は平年)の1〜3月よりも減少している方。
 ■平年の定義:平成29〜31年の3カ年平均
(3)収入保険に加入している又は未加入の場合は共済組合との具体的な保険設計等の検討を実施できる方。

取組内容

次期作に向けた前向きな取組を同一ほ場で2つ実施

○対象となる取組例
 生産・流通コストの削減に資する取組、推奨する品目・品種・肥料・農薬等の導入、灌水設備等の導入、土壌改良・排水対策の実施、被害防止技術の導入等

申請受付期間

○申請先:安芸市農業再生協議会(安芸市農林課内)
○申請受付期間:令和3年7月26日(月)まで
※提出書類を整えていただく必要がありますので、早めにお問い合わせください。

問合せ・申請先

安芸市農業再生協議会(安芸市農林課内)
〒784-8501 安芸市矢ノ丸1丁目4-40
TEL:0887-35-1016
FAX:0887-35-4445(代)


PAGE TOP